Daisy times produceとは

みなさん、はじめまして。
普段舞台女優を中心に活動をしております植野祐美(うえのゆみ)といいます。このDaisy times produceとは、私植野がプロデュースする企画団体です。団体というか、ほぼ個人なんですけど‥‥笑

デイジーの花言葉は、「平和」「希望」「無邪気」だそうです。いま世界中が大変な状況ではありますが、演劇が"楽しみ"としてのコンテンツとして成り立つことは「平和」であると思いますし、ここで作り出される作品が、誰かの「希望」となるように「無邪気」に切磋琢磨する。そんな時間をプロデュースしていけたらいいなと思っています。


まず、私がこの団体を始めるきっかけをお話すると、いま皆さんもたくさん影響を受けているであろう新型コロナウイルス感染拡大防止策に伴う、相次ぐ舞台の中止、延期であります。
もともといつかプロデュースをしてみたい な、という漠然とした想いはあったのですが、火がついたきっかけは確実にここからでした。

この新型コロナウイルスが大変な病気であることは重々承知しています。ですが、この感染拡大防止策により、たくさんの演劇公演の場が失われました。演劇界、芸術界に与えた経済的なものも含め打撃は本当に大きなものです。それは私だけでなく、皆さんが応援している俳優さんも、演出家さんも、スタッフさんも、、お客様も含めて、みんなみんな。

そんな中、どうにか演劇の創作の場がつくれないかと、考えるよりも先に身体が動いてしまって、気がついたらDaisy times produceという企画団体をつくり、たくさんの関係者にこの想いを伝え、今回の「夏の泡沫、波に消えて」の公演が決定いたしました。
‥‥こう聞くと、想いだけで突っ走っている‥‥。笑

とまあ、経緯はこのような形で、同じような想いを持った本当に素敵な仲間があつまってくれて今に至る訳ですが、皆さんが1番恐れているのはもちろん"新型コロナウイルス"についてだと思います。
私もとっても怖いです。
自分がかかったら、自分の大切な人達にかかってしまったら、誰かに移してしまったらと‥‥。
だからこそ、感染拡大防止策はきちんとしてくれるのか、と思ってるだろうと思います。
もちろんこれだけ世界を揺るがすウイルスに、丸腰で戦う訳にはいかないので、稽古場での感染対策の徹底も含め公演期間の対策など、日々ガイドラインについて思考中です。ご来場くださる皆さまには、不安を感じてもらうことのないように努めてまいりますのでご安心ください。

といっても、それには来ていただくお客様のご協力が必要不可欠です。どうか一緒に、このコロナ渦でも表現を、演劇を守っていただけたら幸せです。また、ご来場いただけないお客様のため、公演の配信や物販の通販等も併せて準備をしております。演劇の楽しさはやはりLIVE感にあると常々思っておりますが、今はお家で見る安心感も大事だと思いますし、遠方の方にも楽しんで行けるようにいま精いっぱい考えています!こちらのお知らせも、公開をお待ちいただけますと幸いです‥‥。

堅苦しくなりましたが、要はコロナで息が詰まるから、演劇でも観て楽しんで、一緒に日常を忘れてもらえたらいいな!という気持ちが第一にあります。

長くなりました(本当に!)が、この作品が、皆さまの楽しみの1つとなりますように努めてまいりますので、どうか「夏の泡沫、波に消えて」の公演を、Daisy times produceをよろしくお願いいたします。


植野